メンズ

違いがわかれば怖くない!効果的な韓国語の勉強方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

語学を取得する

勉強道具

語学を習得するために、留学される方は多くいます。自分が行きたい国に行き現地で学ぶことができます。ですが、留学をする国に迷っている方も多くいるでしょう。迷われている方は、セブ留学してみてはいかがでしょうか。

読んでみよう

英語を聞くだけ

教材

英語を学ぶために、教材を使って勉強される方は多くいるでしょう。ですが、分からなくなってしまい途中で諦める方もいます。そういった方は、スピードラーニングをはじめましょう。本当に学べるのか知るには口コミで情報を集めましょう。

読んでみよう

母音と子音に注意

korean

日本語と文法が近い韓国語なら、日本人にとっては比較的わかりやすいタイプの言語です。しかし、問題なのが文字の形式です。いわゆる韓国語独特の文字であるハングルは、古代文明の象形文字みたいな形式なので、覚えにくいと感じてしまいます。また、ハングルの形状によっては、発音方法が変わってくるので、人によっては音の違いが判別できないという人もいるでしょう。韓国語の勉強でハングルがどうしても理解できないというなら、まず母音と子音をじっくりと覚えていくのがおすすめです。実は、韓国語で使用されているハングル文字は、母音と子音がくっついたものが多くあります。基本的には、一つの字で左が母音、右が子音に分けられます。中には、上半分が母音、下半分が子音となっているものもあります。発音の際に注目しておきたいのが、子音の方です。子音は、主に発音器官を型どったものであるので、どのように発音すればいいのかを表しているからです。普通に口元を丸くして発音するものと、口を横に広げて発音するタイプのもの、舌を上顎にくっつけて発音するタイプのものに分けられます。それさえ把握してしまえば、韓国語の勉強がスムーズにできるようになるでしょう。ヒヤリングやライティングがスラスラできるようになるのは勿論、普通の会話もはっきりとした違いが分かるようになるのは間違いありません。つまずくこと無く、韓国語を勉強したいと思ったら、ハングル文字の基本である母音と子音を注意するところから始めましょう。

費用が安い

旅行かばん

欧米に留学される方は多くいますが、欧米となると費用が高額だといえます。そのため、留学を諦める方も多くいるでしょう。しかし、費用を抑えてしっかり勉強できるところがあります。その地域としてはセブ島になります。

読んでみよう